HOME » 大工さんの一口メモ

常豊工務店のfacebook

QandA

大工さんの一口メモ

不動産部

古民家・空き家マップ

お問い合わせはこちらへ
フォントサイズ変更: | | 標準

木の秘密

柱に合う木の種類は?

杉や桧で樹齢40年以上のものが良いでしょう!
ちなみに、土台は 桧(芯材使用)・栗(一本取り使用)が良く
構成材ですと、杉や松がいいようです(^^)

床柱は一般的にどんな木の種類を使用するか?

しぼり丸太・﨔(けやき)・一位・槐(えんじゅ)が一般的

床板にあう板材は?

﨔(けやき)・桜・桧・松
﨔(けやき)や桜は、移動が激しい部分に使用され、湿気の多い場所日当たりが良い所は桧を使用します。畳の下地材は松が使用されます

木はどうやって太く成長するのか??

地下より養分や水分が導管を通して吸い上げられ、成長していく。細胞を生み出しながら、自身を押し上げ上へ伸びていく。
分裂した細胞は分化して一次組織を形成!
その形成層は一定の周期で分裂し、分裂機能を失った細胞を内側に残す。
その結果幹や枝が太くなるし組み

木を切り出してから加工まで通常どの位の日数がかかるのか?

木の伐採時期は11月~3月の間が、非常適しています!
かたき木(ケヤキ・栗・桜等)は4年~5年もの
杉・桧・その他は2年以上が良い。